社員エンジニアの本音

仕事を通じて
必要とされる人材になることが夢

-
樺島さん 2015年入社
フロントスタッフからIT業界へ
ITエンジニア(コールセンター)

研修を通じて感じた
アルバイトと社員の心構えの違い

リクルートスタッフィング情報サービスに入社する前は、アルバイトとしてスポーツジムのフロントで1年ほど働いていました。入会手続きなどの対面接客をするフロントスタッフの仕事です。もともと、ホテルなどのフロントで働く人たちのきちんとしたイメージに憧れていたので、仕事は楽しかったです。
仕事もある程度覚え、アルバイトとはいえ新人に教える立場になったのですが、「そろそろ就職しよう」という思いが強くなって…。就職先を探すことにしました。
入社すると最初に研修があるのですが、そこではマナーや電話応対、エクセルの操作など基本的なことを学びました 。アルバイトのときからしていたことも多かったのですが、社会人としてあらためて基本を確認できたので、とてもよかったです。やはりアルバイトと社員では心構えが違います。会社のイメージを作っていくのは社員だし、その働き方が今後の自分にもつながっていく。研修を通じて、社員としての、社会人としての責任を感じることができました。

スキルアップのチャンスを生かし
スタッフをまとめるポジションに

研修のあと配属されたのは、大手IT関連企業がリリースするアプリのテクニカルサポートの現場でした。一般ユーザーの方からかかってくるアプリの不具合についての相談から請求まで、さまざまな問い合わせに対応する仕事です。
もちろん最初はわからないことばかりですが、配属先でも1ヶ月ほど研修があり、OJTを通じて少しずつ仕事に慣れることができたので、しっかりと仕事を覚えられました。先輩もやさしい人ばかりで、働きやすい環境です。
現場で電話をうけるようになったあとも、適性があると認められれば研修を受けてステップアップするチャンスがあります。一段階ずつスキルアップしていくのがはっきりわかるので楽しいです。
今はステップアップし、バックサポートというポジションを担当しています。自分でお客様の電話を取ることはなく、実際に電話対応しているスタッフのサポート役です。難しい電話を受けたスタッフから相談を受けたり、エスカレーションと呼ばれる報告業務をしたり。一人ひとりのスタッフのケアをするのは楽ではありませんが、みんなをまとめるというバックサポートの仕事で責任感が培われたと思います。

リクルートスタッフィング情報サービスが
私たちに道筋をつけてくれる

私の大きな目標は「必要とされる人材」になることです。IT関連の仕事を続け、インフラに関わっていくなかで、この目標を目指していこうと考えています。そのためにもリクルートスタッフィング情報サービスは最適な会社だと思います。
リクルートスタッフィング情報サービスは、私たちに道筋をつけてくれます。きちんと私たちのことを見ていてくれて、その人にふさわしい配属先をマネジメントしてくれる。その道筋を通して私たちはスキルアップしていくことができるんです。
だから、「やりたいことを見つけて変わっていきたい」と思っている人こそ、リクルートスタッフィング情報サービスに入ってみるべきだと思います。
たとえ今はスキルがなくても、あいさつや身だしなみなど人としての基本ができていればチャンスをつかむことができます。リクルートスタッフィング情報サービスの人たちはしっかりと見ていてくれて、チャレンジの機会を与えてくれます。
悩んでいるのであれば、まずリクルートスタッフィング情報サービスに入って、やりたいことを見つけてみませんか?

1日のスケジュール
08:55 コールセンター受付スタート
受付が始まる前に朝の準備をしっかりと。バックサポートの仕事なのでスタッフ一人ひとりの様子にも気を配ります。
10:00 バックサポート業務
困っているスタッフを見つけたら率先してサポート。スタッフからの質問に答えたり、チャットでアドバイスを送ったり。スタッフでは対応できない内容の電話を引き継ぐこともあります。
12:30 ランチタイム(1時間)
11時過ぎから13時過ぎまで、ランチには3つのシフトがあります。
13:00 バックサポート業務
ランチのあとも引き続きバックサポートの業務が続きます。スタッフのサポートをしつつ、エスカレーションと呼ばれる報告業務もこなしていきます。
15:00 休憩時間
忙しいコールセンターの業務ですが、午前と午後それぞれに休憩時間があります。
18:00 電話対応終了
18時にはコールがストップします。その後は電話対応が残っているスタッフのサポートをして業務終了です。
オフの日は
お弁当を作って
公園に行ったりして
リラックス
他のインタビューを読む
新たな一歩を踏み出したいあなたを待っています
興味を持たれた方はこちらから 選考に進まれる方はこちらから