社員エンジニアの本音

知識がなくても大丈夫
私が身をもって証明しています

-
疋田さん 2015年入社
アパレル業界からIT業界へ
ITエンジニア(コールセンター)

故障したレジの電話サポートが
転職のきっかけに

リクルートスタッフィング情報サービスに入社して1年ほどになります。それまではアパレルショップで2年ほど販売員をやっていました。おしゃれが好きで服もたくさん買いたいし…。そんな気楽な感じでファッション業界に入りました。
ショップでの接客の仕事は面白く、契約社員から社員になりましたが、いつの間にか漠然と転職を考えるように…。
そんなとき、転職の大きなきっかけとなる出来事が起こりました。
店舗のレジにトラブルがあり、店長がサポートセンターに電話。電話の向こうのサポートセンターの方の指示で、レジは見事に直りました。
この様子を見ていた私が感じたのは「これも接客のひとつだな」ということ。
お客様と顔を合わせて商品を販売する接客もあれば、コールセンターのように、顔は見えないけれど声でお客様にサービスを提供するのもまた接客だな、と感じました。そしてこの出来事が、リクルートスタッフィング情報サービスを受けるキッカケとなったんです。
ITに対する知識や経験がまったくなく、数学も理科も苦手という私ですが、リクルートスタッフィング情報サービスのホームページにある「経験がなくてもできます」という言葉に、「だったら私にもできるな」と勇気づけられました。

電話対応も接客
その気持ちを忘れずに

リクルートスタッフィング情報サービスってバリバリのIT業界の会社で、わからない専門用語が社内を飛びかっているのだろうな…と思っていたら、最初は本当に基本的な研修からスタート。自習の時間まであり、思っていたよりもすんなりと雰囲気に慣れることができました。
最初の配属先では、コールセンターに来社されるお客様向けの電話応対のデモンストレーション を担当しました。その仕事を通じて、いろいろな方と話をしたり、わからないことを聞いたりして、少しずつ知識を身につけていきました。
現在は、コールセンターで OSのサポート対応をしています。電話をとってまだ半年。聞きなれない専門用語もまだまだあるし、声だけでお客様の状況や気持ちをくみ取るのもなかなか難しい。でも、転職のきっかけ にもなった「電話応対もひとつの接客」という気持ちを忘れずに取り組んでいます。

人とのつながりを築きながら
ステップアップできる環境

今はベーシックな電話対応が中心ですが、もっとステップアップして、できるだけ高いレベルで応対できるようになりたいですね。
最近、ITILという資格を取ったんですが、それ以来、他のIT関係の資格にも興味があります。いつか、人が驚くような難しい資格にもチャレンジしたいですね。
私はリクルートスタッフィング情報サービスに入社して、本当によかった。
人との新しいつながりを作りながら、知識を得ることができるし、マネジメント制度があるので、安心して働ける。自分がなにかを相談したいとき、同じ目線で考えて答えてくれるマネジメント担当の存在は大きいです。
だから、リクルートスタッフィング情報サービスで働いてみようかな、と考えているみなさんも安心してチャレンジしてください。
エンジニアとしての知識がなくてもチャレンジできるということは、私が身をもって証明しています。これまで接客業の経験しかなく、IT関連の知識が本当になにもなかった私が今、実際にコールセンターで電話をとってお客様の対応をしています。
その場の雰囲気にのまれてはダメだけど、その場の雰囲気に馴染むことができれば、すぐに仕事に慣れます。
リクルートスタッフィング情報サービスで新しい知識を身につけませんか?

1日のスケジュール
9:00 業務開始
8時45分くらいに会社に到着。バス通勤のため満員電車に乗らなくていいので助かっています。
10:00 ひたすら電話対応に集中します。
12:00 ランチで情報交換
ランチタイムも知識を仕入れる大事なチャンス。一緒にランチに出かけて、いろいろ教えてもらいます。
13:00 午後も 電話対応ですが、コールには意外と波があります。電話が鳴りっぱなしの忙しい時間帯があれば、1本もコールがない空白の時間帯もあります。
18:00 業務終了
18時でコールセンター業務は終了。残業もなくすっきりと退社です。
19:00 終業後は他の部署の人たちとご飯に行くことも。オンでは聞けない仕事のこともオフなら話しやすいし、仕事の知識も自然と増えます。
休日は女性アイドルの
ライブやイベントに参加しています。 
他のインタビューを読む
新たな一歩を踏み出したいあなたを待っています
興味を持たれた方はこちらから 選考に進まれる方はこちらから